二次会のイベントの景品は5000円くらいがいい?

subpage01

会社やサークルなどで集まる機会は多々あります。
また、結婚式のめでたい席の後、二次会に出かけることも少なくありません。

5000円で二次会の景品の情報が満載です。

祝い事の後ですから、会社などの飲み会とは違いゲームなどを企画し、景品を用意しなければいけないということもあります。

でも何を景品に選んでいいのかわからない、幹事の方が困るのも当然です。では一体どのような値段のものが相場なのでしょうか。



祝い事の後のものですから、その式に出たものよりもいいものを出してしまうと結婚式の場合、新郎新婦の立場がありません。


しかし、安すぎても価値が無くなってしまいます。


結婚式の引き出物とお土産を合わせた相場は約5000円〜1万円です。



そこで二次会の景品の相場のベストは5000円なのです。
引き出物と被らないように調整しながら自分ではなかなか買わないものにすると二次会の盛り上がりも間違いありません。

また、通常の会社の二次会でもその額にすれば高すぎず安すぎず新人が気を使ったり、上司の顔も曇りづらいです。
もちろん、どのような席によるかで買うべきものも変わってきますが、負担にもならずチープにもならないように心掛ける必要があります。

過ぎたるは及ばざるがごとし、豪華すぎても安すぎても参加者は困ってしまいます。

二次会でも盛り下がらないように冠婚葬祭や年末の部年会や新年会、普段の飲み会とは違った祝いの席を幹事として盛り上げるために、景品の相場を約5000円にすることをおすすめします。

二次会の知っておきたい常識

subpage02

二次会で景品を用意することになった時に1つのポイントとして覚えておくと良いのが、5000円という金額です。5000円というのは、高級感のある金額ではありませんが、安すぎる金額でもありません。...

NEXT

二次会のよく解る情報

subpage03

二次会で用意する景品は、安価で残念賞としての役割を果たす物もあれば、高価で目玉として使う物もありますが、残念賞と目玉だけで構成されているようだと差が開きすぎていて、拍子抜けしてしまうものです。ですから、ちょっといい物や中間ぐらいのランクの物もきちんと入れておく必要があります。...

NEXT

二次会のテクニック

subpage04

二次会へ参加してもらうにあたって、景品を用意するということは、非常に有効な方法の一つです。しかし、用意するものは一つにつき5000円以内までとしましょう。...

NEXT

これからの二次会

subpage04

かつては結婚式と言えば親族や友人を招いて古式ゆかしい結婚披露宴を開催した後に親しい友人だけを招いて二次会を開催してカジュアルなパーティーを友人同士で楽しむというのが一般的でした。現在は結婚式の形式や結婚に対する考え方も様々で、必ずこうでなければというものもないようなのですが、それでも新郎新婦それぞれの友人などを招いてカジュアルな形式で結婚を祝う二次会のような催しをするカップルは少なくありません。...

NEXT